読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだの気になったもの

音楽、映画、本など気になったものを紹介していこうと思います

KING OF KINGS 2016 FAINALの感想

やまだです!

 

感動しました!

 

あ、KING OF KINGS(KOK)2016 FINALのことです。

 

最高でしたな。

 

フリースタイルダンジョンからラップバトルに入ったにわかですが、感想をちょっとかいてみたいと思います。

 

フリースタイルダンジョンとの違い

 

フリースタイルダンジョンとKOKルールの大きな違いは、

 

・観客の歓声が1ポイント(同じくらいでドロー)

・8小節4ラウンドor16小節2ラウンド(先攻のMCが選ぶ)

・1本勝負

 

あと、なんだろう?

引き分けのルールが、いまいちわからなかったんですけど、ドロー3以上で引き分けということですかね。

 

長い=正義!?

 

KOK

・8小節4ラウンドor16小節2ラウンドの1本勝負

フリースタイルダンジョン

・8小節2ラウンドの2本先取(審査員5人全員一致で終了のクリティカル)

 

最初、1本勝負なのを知らなくて、「え?終わり?」と思いましたが!

クリティカルなしにしても、インターバルなしのKOKのほうが長く感じました。

 

どちらにも良し悪しあるでしょうが、KOKのほうが個性が出やすいのかなと思いました!

 

突然、音楽の歴史を振り返る

 

レコード=12インチ30分、両面1時間

→ラジオ=5分以内

→CD=約80分

→MTV=PV

→テレビ=?(見た目とかトークスキルとか?)

→ネット=?(無料とかSNSの使い方とか?)

 

何が言いたいかというと、媒体によって戦い方が変わるということです。

レコード時代の作り込んだ音や、ラジオ時代の短時間に心をつかむ曲などです。

 

フリースタイルダンジョンが、いかに短い時間でわかりやすくキャッチーに戦うのかを重視するか、だとすれば、KOKは、少し長い時間で、いかに筋の通った戦いをするか、を重視しているように感じました。

 

輪入道カッコいい

 

そういった意味で、輪入道カッコ良かったです。

フリースタイルダンジョンで見た時は、そうでもなかったんですけどね。

筋通り過ぎ。

27歳とかいってて、びっくりしました。若い。

2大会で優勝したのも、今回優勝候補に挙げる声が多かったのも納得です。

 

ネタバレあり

 

 

 

崇薫 VS 輪入道は、お互い筋が通ってたので、揚げ足取りではなく、褒め合い+自分語りみたいになってましたね。

 

1回戦、今大会で唯一16小節を選んだ、ISSUGIもカッコよかったです。

1回戦で負けたのが残念。

 

決勝戦

 

GADORO VS 輪入道の決勝も面白かったです。

1本目で、輪入道かなとも思いましたが、2本目ラストのGADOROは、カッコ良かったですね。

泣きそうになりました。

 

GADOROさん、優勝おめでとう!

 

↓GADOROのCDを買うなら、特典付きのOFFICIAL STOREから!

gadoro-store.com